タスクリエイトはコロナ消毒業者の最安値に挑戦しております。
対応エリア→東京・神奈川・千葉・埼玉

コロナウイルスが猛威を振るう中、コロナの蔓延を防ぐために会社内を定期的にコロナの消毒することは、もはや義務と言っても過言ではありません。

会社やオフィスは非常に多くの人が、様々な地域から通勤してくるため、感染リスクの高い場所のひとつです。適切な方法で会社内のコロナ消毒をすることで、社員の健康を守ることになり、また会社の社会的な信用をあげることにも繋がります。

したがって、業務を委託するコロナ消毒業者を探すには、その選び方が重要となります。

本記事では、会社の担当者がコロナ消毒業者を探す際、また選ぶ際に迷ったときに、間違った選択をしてしまわないよう解説していきます。

コロナ消毒業者を比較検討する際に、注目すべき項目、想定される失敗、留意点やコツなどを提示します。コロナ消毒業者選定後の失敗を避けるために活用していただけると幸いです。

それでは、どうぞご一読ください。

コロナ消毒業者について

コロナ消毒業者において、果たすべき役割はなんでしょう? 感染対策として消毒が十分にされていなければ、社員の健康面の安全や働く上での安心感を保てない上、来訪する取引先や出入りする業者などからの信用も失いかねません。

感染症対策はもはや必須とも言えます。

コロナの消毒を徹底して、社員や取引先の安全を守ることは会社の信用度を上げることになります。

また、コロナ消毒が行き届いていることをうまくPRにつなげることで、新たな取引先の獲得や採用にもいい影響があるかもしれません。

コロナウィルス感染症の情報は日々更新されており、適切なコロナ消毒方法なども変化していきます。効果的な方法をとらなければ、コロナ消毒そのものが効果がなかったり、コロナ消毒したつもりで過ごしてしまいクラスターの発生などのリスクが生じてしまいます。

それを防ぐために、適切なコロナ消毒が必要となります。

しかしこれら、正しい消毒の知識を仕入れ、正しい機材を使用して消毒をおこなうことを社員のみで対処するのは難しいと思われます。

そのため、より専門性の高い作業や、日頃の通常業務を圧迫しかねない作業は、プロのコロナ消毒業者に委託することをおすすめします。

そして、何度も言いますが、重要なのはコロナ消毒業者の選び方です。

数あるコロナ消毒業者の違いを見極めることは困難です。しかし、考えなしに選んでしまっては、はずれのコロナ消毒業者に当たってしまう可能性も高いです。

コロナ消毒業者はたくさんありますが、持っている技術や得意分野、サービス内容は異なります。ぜひ、これから紹介する例をよく読んで、慎重に業者選びをしてほしく思います。

コロナ消毒業者を選ぶ際の注意点

ではどんなところに注意すればいいのでしょう。たとえば、コロナ消毒業者が消毒ヵ所の特性をきちんと理解しているかどうかは、非常に重要なことです。 そのように一つひとつ見極めていくことで、失敗を避けることができます。

以下に選定の際に考慮したい点を記載していきます。

コロナ消毒に特化した消毒業者か否か

第一段階として、多くのコロナの消毒業者をふるいにかけられるかと思います。

そうです、注目するべきはコロナウィルスの消毒を専門領域にしているかどうかです。

会社内にはそれぞれ様々な用途があり、オフィス内の設備の違いも多岐にわたります。頼もうとしているコロナ消毒業者が、消毒に特化しているか、そして最低限ノウハウを持っているかを確認してください。

それが業者選定における基本です。

コロナ消毒をする上での理解があるか、重要なヒアリング事項を持っているか、会社ごとの特性の違いを理解できるかどうかで、コロナ消毒の効率や社員とのトラブル回避をすることができます。

見積書が丁寧か否か

きめ細やかな対応ができるかどうかも、見極めるための一つの項目です。会社でのコロナ消毒は、多数の社員や出入りする取引先との関わりを考慮すると、非常に気を使う場面も多いです。だからこそ、発注前のやりとりの時点で丁寧に行っているか、目を光らせるようにしてください。

そういった意味で見積書は、信頼度をはかれる大きな材料かもしれません。

たとえば料金表示。項目を見ても、具体的な作業と金額が結びつかない、曖昧な表記やざっくりとした見積もりになっているなら、そのコロナ消毒業者は信頼がおけないかもしれません。

その箇所について質問をしてみてください。口頭でも誠実に説明がされれば問題ありませんが、説明を言い淀んだり、誤魔化す態度が垣間見えた場合は危険です。その場合、実際のコロナ消毒作業自体も質の低いものである可能性が高いため、契約はしない方がいいでしょう。

教育体制は整っているか否か

窓口担当者に問題は感じなくても、実際に現場で働くコロナウイルス消毒スタッフの意識統一がされてなければいけません。日々、最新の技術や衛生情報の取得に注力しており、その体制が整っているかも可能な限り把握するようにしましょう。

方法としては、その会社のSNSやホームページでスタッフ育成や最新情報の取得などに言及しているかを調べることができます。

また、コロナ消毒スタッフの人数もチェックしておくようにしましょう。

オフィスの広さに対して、対応できるコロナ消毒作業員を確保できるかどうかで、作業の質やスピードが変わってきます。

社内のマネジメント体制をはじめ、スタッフの教育状況やスタッフの人数の確保は、あらかじめ調べるか、直接質問するようにしておいてください。

連絡が取りやすいか否か

会社で働く社員や出入りする業者の感染症の発見など、急な問題が発生した場合に、コロナ消毒業者と連絡を取り合うこともあるでしょう。その際、返事に時間を要したり、連携体制が脆弱であったりすると、業務がストップしてしまったり、会社自体が運営できない状況になりかねません。

また、普段から連絡が取りやすい方が、コロナの消毒内容の改善や要望を聞いてもらいやすいです。そうでなければ、諸々頓挫する羽目になり、結果業者を選定しなおすことにつながり、余計な労力を使うことになります。

コロナ消毒業者選びの失敗事例

コロナ消毒業者を委託することで、社員は本来行うべき業務の時間を多く取ることができます。清潔で安全な会社を維持しつつ社員同士のコミュニケーション時間も削ることがなく、まさに一石二鳥です。

しかし、再三お伝えしている通り、コロナ消毒業者選びに失敗することによるリスクがあるのも事実。選定の際に様々な事柄を無視してしまったために、失敗や事故を招いてしまったケースは少なくありません。

いくつかのパターンをご紹介します。

コロナ消毒業者が会社という環境を理解していないケース

先述したとおり、会社に特化した消毒業者でなければトラブルが発生する恐れがあります。

さらに、「電化製品に消毒剤を噴霧した」、「清潔区域と不潔区域」「優先順位を心得ていない」……等々は、コロナ消毒業者においてはもはや不備・過失と捉えてもいいでしょう。

経験の浅い担当者がついてしまったケース

経験の浅いアルバイト社員が担当になったとある事例です。

その方はコロナ消毒業者の派遣スタッフとして招かれたものの、まるで要領を得ず、業務自体たどたどしく進めている様子がいかにも頼りなかったといいます。そして、周囲の不安は的中。階段で足を滑らせ転落し、全治数ヶ月のケガを負ってしまいます。

いいかげんなコロナ消毒業者は、経験など考慮せずに人件費だけを考えて担当者を送り込む傾向にあるため、気を付けましょう。

それにしても、その不慣れな派遣スタッフの方は、徹頭徹尾、気の毒だったように思います。

コミュニケーションがうまく図れず揉めたケース

コロナ消毒作業員とうまくコミュニケーションが図れない場合、技術やサービスにかかわらず、ストレスを抱えたままそのコロナ消毒業者と付き合っていくことになります。

某企業の例。

専門のコロナ消毒業者をみつけたところまでは良かったのですが、いざコロナ消毒をお願いしてみると「意図が伝わらない」「作業日程の連絡がない」といったコミュニケーション面での問題に頭を悩ますことになりました。結果、早々に契約を打ち切ったそうです。

また、「挨拶ができない」「常に無愛想」など基本的なコミュニケーションがとれない作業員が多く配置されてしまうと、社員や他の業者、取引先の不安やストレスにつながります。

そういったコミュニケーションにおける不快感により、ちょっとしたミスや日々の不満の積み重ねが、大きな問題に発展してしまうことも十分考えられます。

コロナ消毒業者の選ぶコツ

選定の重要性は十分にご理解いただけたでしょうか。

しかし、それだけで適切な消毒業者と出会えるわけではありません。

それにはコツがあります。以下挙げるポイントはまさに勘どころ。

前項までに述べてきた注意点や失敗事例からも学びつつ、しっかり意識しましょう。

コロナ消毒用具や方法をチェック!

会社内では、多くの社員が働いています。商談や打ち合わせでの行動範囲も広く、会議室やエレベーターなど特色の異なる部屋がいくつもあります。

そのため、通りいっぺんの方法や用具では対処しきれない場面も当然でてきます。

各部屋や機材に合わせた用具や消毒方法を素材ごとに使い分けることができるか、あらかじめチェックすることが必須です。適切な箇所に適切な方法で消毒をすることができるか、あらかじめ確認するようにしてください。

消毒業者の資格はスキルを示す一つのバロメーター

スタッフが資格を保有しているかどうかは、少なからずそのコロナ消毒業者が高い技術と意識を持って仕事をしているかどうかの判断材料となります。何より、資格取得には一定以上のスキルが必要なため、安心です。

具体的には、「食品工場の衛生管理」や「病院清掃の実績」がある会社。
また、「病院清掃受託責任者」や国家資格である「ビルクリーニング技能士」辺りを持っていると、信頼に足り得るといえます。

損失に対する補償

コロナ消毒業者が損害賠償責任保険に加入している場合、事故や損失トラブルを補償でまかなえる可能性が高まります。各会社で基準額など異なるため、事前にチェックしておくといいでしょう。できる限りケアしてもらえる消毒業者が安心でおすすめです。

コロナ消毒業者は、ポイントを整理して比較しよう!

さて、以上が会社にてコロナ消毒業者を選定する際の注意点となります。

それには、あらゆる観点と慎重さが必要であることがご理解いただけたかと思います。そのため、会社選びに難航することもあるでしょう。

とはいえ、比較するポイントをきちんと整理し、優先順位まで付けてあげることで、最適なコロナコロナ消毒業者はクリアになってくるはずです。

まず、もっとも重視したいのは、会社・施設向けのコロナ消毒業者であること(知見を有すること)。

調べ上げ選定したコロナ消毒業者を天秤にかける際には、それぞれの実績をくまなく確認することも推奨します。

そして、見積書からはじまる一連のコミュニケーションがいかに丁寧か、誠実かも重要です。

そのほか、ストレスのない連携フロー、要望をうまく汲み取ってくれるコミュニケーションスキル、愛想の良さ、信頼できる資格や教育体制、万が一に備えてくれるリスクケア……。

各項目にスコアを与え、業者とともにリスト化し、チェックを行うなかで良縁のパートナーがきっと見つかるはずです。

コロナ消毒業者は重要です。選び方一つで大きく変わります。 ぜひ、ポイントをしっかりおさえたうえで、依頼するようにしてください。

対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉