タスクリエイトは福祉施設清掃最安値に挑戦しております。
対応エリア→東京・神奈川・千葉・埼玉


老人ホーム、介護施設、養護施設など、高齢者や障害や生活困難者などが普段利用する施設は、衛生面、精神面の両方から見ても、清潔に保たれている必要があります。施設の利用者はもちろん、親族を預けている方の安心や信頼感にも影響します。また、そこで働く職員の方々の業務効率を上げるなど、仕事面にとっても重要です。 そして清掃の外部委託を検討しているのであれば、重要なのはその選び方です。

本記事では、福祉施設の担当者が清掃会社を決める際に、失敗しないための選び方を解説していきます。

清掃会社を比較検討するにあたり、重視するべき項目、起こりうる失敗、留意点やコツなどを記載します。清掃会社選定後の失敗を避けるために活用していただけると幸いです。

それでは、どうぞご一読ください。

福祉施設の清掃について

福祉施設の清掃はどんなことに影響でしょうか?

施設利用者やそこで働くスタッフの方々が不快に感じる環境では、生活や活動をする上で精神面の影響や、業務にも悪影響を及ぼしかねません。

さらに昨今は、感染症への対策意識が高まってきました。

施設内を清潔に保つことはもちろん、高度な衛生知識に基づいた清掃を行うことで、利用者と職員の安全を確保することができます。

また、建物自体の寿命も考慮した精度や頻度を考える必要もあります。専門家がメンテナンスを定期的に施せる環境も、必須事項といえるでしょう。

それらを鑑みた上で、清掃会社を探すことで、利用者や親族の不安の払拭や、スタッフの満足度向上、業務効率・生産性アップにつながるわけです。

業務内容は比較的簡単なもの、例えばごみの回収、トイレ掃除などの日常業務からはじまり、大掛かりなもので、壁や天井、照明器具の見直し、修繕なども可能な限り短いスパンで行っていきたいものです。

しかし、これらを現場にいるスタッフのみで対処するのは厳しいと思われます。

そのため、より専門性の高い作業や、職員の抱える、より重要な業務を圧迫しかねない作業は、プロの清掃業者に委託することをおすすめします。

そして、再三申し上げている通り、重要なのは業者の選び方です。

いくらでも候補があがる清掃会社の違いを見極めることは正直困難です。しかし、考えなしに選んでしまっては、良くない業者に当たってしまう可能性も高いです。

数ある清掃会社には、それぞれ異なる技術や得意分野、サービス内容があります。これから紹介するポイントを抑えることで、慎重に清掃会社を決めてほしいと思います。

福祉向けの清掃業者を選ぶ際の注意点

では実際にどのような点に注意すればいいでしょうか。

例えば、一つの視点としてその清掃業者が福祉施設を専門にしている、もしくは精通した業者であるかどうかです。

そのように一つひとつ見定めていくことで、結果的に失敗しにくい清掃業者選びができます。

福祉施設に特化した清掃業者か否か

比較的この初期段階である程度の清掃業者に絞ることができるはずです。

注目するべきは福祉施設清掃を専門領域にしているかどうかです。

福祉施設は通常のビルや施設と異なる部分が多々あります。お願いしようとしている清掃会社が、福祉施設の清掃に専門、もしくは得意としているか、その最低限のノウハウを持っているかを確認してください。

これは業者選定における基本です。

福祉施設への構造的な理解があるか、清掃業務中に利用者や職員への配慮ができるか、それがすべての清掃スタッフに浸透していることで、大きな問題が発生することを防ぐことができます。

見積書が丁寧か否か

次段階として、実際に申し込みをする前までのやり取りの中でも見極めるポイントはあります。

その一つが見積書です。

福祉施設での清掃は、多数の利用者や職員が生活・業務をする中で行います。そのため、作業には気遣いや注意が必要です。だからこそ、発注前のやりとりの時点でまずは会社として丁寧に行っているかを、目を光らせるようにしてください。

見積書は、清掃会社の信頼度をはかるための大きな材料となります。

見積もり項目を見たときに、具体的な作業と金額が結びつかない、曖昧な表記やざっくりとした見積もりになっているなら、その業者は信頼がおけないかもしれません。

もう少し突っ込むと、不明に思った箇所について質問をしてみてください。きちんと納得のいく説明がされれば問題ありませんが、説明を言い淀んだり、誤魔化す態度が垣間見えたりする場合は危険です。その場合、実際の清掃自体もいい加減である可能性が高いため、契約はしない方がいいでしょう。

教育体制は整っているか否か

前項で紹介した見積書のやりとり段階で、担当者に問題は感じなければいいかと言えばそうではありません。特に規模の大きな会社の場合は、担当者ではなく清掃スタッフが現場に来て業務をおこないます。そこでスタッフの一人ひとりにまで意識統一がされてなければ、結果質の低いサービスになってしまうことがあります。そのため、

その会社が全作業員にあまねく教育を行っているかをチェックしましょう。最新の技術や衛生情報を全ての社員が共通して取得しており、その体制が整っているかを把握することが重要です。

方法としては、その会社のホームページやSNSを調べることが主になります。これは公開している場合のみですが、会社の広報としてスタッフ育成や最新情報の取得などに言及しているかを調べられる場合もあります。

また、在籍している清掃スタッフの人数もチェックしておくようにしましょう。

福祉施設の広さに対して、対応できる清掃員を確保できるかどうかで、作業の質やスピードが変わってきます。

調べてもわからない場合は、社内のマネジメント体制ををはじめ、スタッフの教育状況や人数の確保は、直接質問するようにしておいてください。

連絡が取りやすいか否か

様々な病歴、精神・身体状況の方が利用する福祉施設にトラブルはつきものです。急な問題が発生した場合に、清掃業者と連絡を取り合うこともあるでしょう。その際、返事に時間を要したり、連携体制が脆弱であったりすると、状況は悪化してしまうかもしれません。

また、普段から連絡が取りやすい方が、清掃内容の改善や要望を聞いてもらいやすいです。そうでない場合、不満や不足している箇所が解消せずに、結果業者を選定しなおすことにつながり、余計な労力を使うことにもつながります。

清掃業者選びの失敗事例

福祉施設の掃除を委託することで、スタッフは本来行うべき業務や利用者との時間を多く取ることができます。施設の環境を清潔に維持しつつ、スタッフと生徒、スタッフ同士のコミュニケーションも円滑になり、まさに一石二鳥です。

しかし、折角清掃業者をお願いしても、選択時に失敗してしまうというリスクもあります。選定の際に様々な事柄を無視してしまったために、失敗や事故を招いてしまったケースはも存在します。

これからは、そんな失敗談をご紹介します。

業者が福祉施設という環境を理解していないケース

先述したとおり、福祉施設に特化した清掃業者でなければ予期しないトラブルが発生する恐れがあります。特に福祉施設での清掃は、体が不自由だったり、衛生面に特に気をつけなくてはいけなかったりする利用者が多く生活しているという特殊な空間において、様々なことに配慮をできる知識や技術が求められます。

それに加え、「専用のクリーナーを所持していない」「どの建物でもやり方が同じ」「優先順位を心得ていない」……等々は、福祉施設の清掃においてはもはや不備・過失と捉えてもいいでしょう。

経験の浅い担当者がついてしまったケース

経験の浅いアルバイト社員が担当になったとある事例です。

その方は清掃会社の派遣スタッフとして招かれたものの、まるで要領を得ず、業務自体たどたどしく進めている様子がいかにも頼りなかったといいます。そして、周囲の不安は的中。階段で足を滑らせ転落し、全治数ヶ月のケガを負ってしまいます。

通常の施設と構造上の違いが多数存在する福祉施設だと、なおさら経験が必要です。

いいかげんな清掃業者は、経験など考慮せずに人件費だけを考えて担当者を送り込む傾向にあるため、気を付けましょう。

それにしても、その不慣れな派遣スタッフの方は、徹頭徹尾、気の毒だったように思います。

コミュニケーションがうまく図れず揉めたケース

清掃員とうまくコミュニケーションが図れない場合、技術やサービスにかかわらず、ストレスを抱えたままその業者と付き合っていくことになります。

某福祉施設の例。

専門の清掃業者をみつけたところまでは良かったのですが、いざ清掃をお願いしてみると「意図が伝わらない」「そもそも連絡が取れない」といったコミュニケーション面での問題に頭を悩ますことになりました。結果、早々に契約を打ち切ったそうです。

また、「挨拶ができない」「常に無愛想」など基本的なコミュニケーションがとれない作業員が配置されてしまうと、利用者やスタッフの不満やストレスにつながります。 そういったコミュニケーションにおける不快感により、ちょっとしたミスや日々の不満の積み重ねが、大きな問題に発展してしまうことも十分考えられます。

福祉施設向けの清掃業者を選ぶコツ

清掃会社の選び方についての重要性は十分にご理解いただけたでしょうか。

しかし、以上を抑えているだけでは、適切な清掃業者と出会えるわけではありません。

それにはコツがあります。以下挙げるポイントはまさに勘どころ。

前項までに述べてきた注意点や失敗事例からも学びつつ、しっかり意識しましょう。

清掃用具や方法をチェック!

福祉施設は、高齢の方、基礎疾患を持つ方など、衛生面において非常に気を遣う必要のある特殊な環境です。

そのため、通りいっぺんの方法や用具では対処しきれない場面も当然でてきます。

各部屋に合わせた用具や抗菌ワックス、除菌力の強い特殊洗剤などを素材ごとに使い分けることができるか、あらかじめチェックすることが必須です。

方法においても、部屋ごとに用具を使い分けるといった繊細な工夫がなされているかどうかを、事前に聞くようにしてみてください。

資格はスキルを示す一つのバロメーター

作業スタッフが資格を保有しているかどうかは、少なからずその清掃会社が高い技術と意識を持って仕事をしているかどうかの判断材料となります。何より、資格取得には一定以上のスキルが必要なため、安心です。

具体的には、国家資格である「ビルクリーニング技能士」「建築物環境衛生管理技術者」「清掃作業監督者」辺りを持っていると、信頼に足り得るといえます。

損失に対する補償

清掃業者が損害賠償責任保険に加入している場合、事故や損失トラブルを補償でまかなえる可能性が高まります。各会社で基準額など異なるため、事前にチェックしておくといいでしょう。できる限りケアしてもらえる清掃業者が安心でおすすめです。

福祉施設向け清掃業者は、ポイントを整理して比較しよう!

さて、以上が福祉施設にて清掃業者を選定する際の注意点となります。

それには、あらゆる観点と慎重さが必要であることがご理解いただけたかと思います。そのため、会社選びに難航することもあるでしょう。

とはいえ、比較するポイントをきちんと整理し、優先順位を考慮して並べることで、最適な業者はクリアになってくるはずです。

まず、もっとも重視したいのは、福祉施設向けの業者であること(知見を有すること)。

調べ上げ選定した業者を天秤にかける際には、それぞれの実績をくまなく確認することも推奨します。

そして、見積書からはじまる一連のコミュニケーションがいかに丁寧か、誠実かも重要です。

そのほか、ストレスのない連携フロー、要望をうまく汲み取ってくれるコミュニケーションスキル、愛想の良さ、信頼できる資格や教育体制、万が一に備えてくれるリスクケア……。

各項目にスコアを与え、業者とともにリスト化し、チェックを行うなかで良縁のパートナーがきっと見つかるはずです。

清掃業者は重要です。選び方一つで大きく変わります。

ぜひ、ポイントをしっかりおさえたうえで、依頼するようにしてください。

対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉