病院の清掃がしっかり行き届いていなければ、訪れた患者は、たちまち不安を覚えるでしょう。もちろん、スタッフの方々も落ち着いて業務に従事できないかもしれません。 したがって、業者の選び方が大変重要になってきます。

本記事では、病院にて清掃業者をお願いする際、選定ミスが起きないよう、そのポイントを解説します。

複数の会社を比較する場合、どの項目に注目すべきかなど、失敗を回避すべく留意点やコツを提示する内容です。想定し得る問題点もいくつか列挙します。リスクヘッジに活用していただけますと幸いです。

それでは、どうぞご一読ください。

病院の清掃について

病院の清掃は、ただきれいな空間をつくればいいというわけではありません。
果たすべき役割があり、それらを全うすることが求められます。
先述した通り、患者や病棟スタッフの方々が不快もしくは集中できない環境に堕さないよう、徹底的な衛生管理が必要です。

とりわけ、大切なのは感染症対策。
病院内を清潔に保つことはもちろん、高度な衛生知識に基づいた清掃を行わなければ、どこで綻びが生じてしまうかわかりません。
また、精度や頻度によっては建物自体の寿命にも影響を及ぼします。定期的なメンテナンスを施せる体制をしっかり構築するのは必須事項といえるでしょう。
そうこう尽力したうえで、患者の不安の払拭や満足度向上、スタッフの方々の業務効率・生産性アップにつながるわけです。

ごみの回収、トイレ掃除は当然、毎日すべきこととして挙げられます。壁や天井、照明器具の見直し、修繕など比較的大掛かりな作業も可能な限り短いスパンで行っていきたいものです。
しかし、これらを自院内のメンバーで対処するのはさすがに厳しいと思われます。
それゆえ、プロの清掃業者に頼むことをおすすめします。そこでカギを握るのはどの会社を選ぶかです。
いうなれば、選ぶ段階がまさしく分岐点。
あまねく存在する各会社の技術の違いを見極めることは、なかなか困難です。しかし、テキトーに選定してしまっては、いいかげんな業者に当たるかもしれません。

清掃会社と一概に括れても、サービス内容はそれぞれ異なります。だからこそ、業者選定は慎重でなければならないのです。

病院向けの清掃業者を選ぶ際の注意点

いわずもがな、清掃業者をテキトーに選んではいけません。たとえば、業者が病院の特性をきちんと理解しているかどうかは、非常に重要なことです。しっかりと吟味しましょう。
が、そうはいってもやはり、外してしまうケースはあります。極力そうならないよう、ここでは注意点に言及します。

病院に特化した清掃業者か否か

もしかして、清掃業者ならどこでもいいとお考えではないですか?
仮にそうだとすると、失敗してしまう可能性が高くなるといえます。
あくまで大事なことは、病院清掃を専門領域にしているかどうかです。
したがって、最低限ノウハウの有無は確認するようにしてください。業者選定における基本です。

ウイルスに関する知識など、清掃スタッフにまでしっかり浸透していなければ、大きな問題が生じてしまう恐れさえあります。
感染症リスクの高い乳幼児やお年寄りが多い場合、なおさら病院に特化した清掃業者が必要でしょう。

見積書が丁寧か否か

清掃業者に求めたいのは、きめ細やかな対応です。ことに病院の清掃は非常にナイーブなもの。だからこそ、一つひとつのやりとりのなかで丁寧か否か、目を光らせるようにしてください。
そうした意味で見積書は信頼度をはかれる大きな材料かもしれません。
たとえば、料金表示。どの作業がどれだけ掛かるのか、パッと見て判別できないなら、その業者を疑ってもいいでしょう。もちろん、十分な補足などあれば別ですが、不明瞭な説明や、煙に巻くような態度が垣間見えた場合は危険です。その場合、清掃作業自体ぞんざいに扱われてしまう可能性が高く、契約しない方が無難といえるでしょう。

教育体制は整っているか否か

スタッフによって衛生知識に偏りがあってはいけません。日々、最新の衛生情報の取得に皆が注力しているか否か、その体制が整っているかは非常に大切です。
もちろん、外からは現場での教育をみることはできませんが、SNSやホームページなどで発信している業者もなかにはいます。その辺りはきちんと精査しておきましょう。

また、清掃スタッフの人数も注意しておきたいところです。
自院の広さに対して、清掃する方が少なければ、どうしても質やスピードが落ちてしまうことがあります。

マネジメント体制を含めた社内の教育状況や規模に応じたスタッフの確保は、あらかじめきちんとチェックしておいてください。

連絡が取りやすいか否か

病院にトラブルはつきものです。イレギュラーな事態を迅速に収拾すべく、清掃業者と連絡を取り合うこともあるでしょう。その際、なかなか通じなかったり、連携フローが複雑であったりすると、状況は悪化してしまうかもしれません。

また、清掃内容の改善や要望を聞いてもらいたい場合も、連絡が取りやすいとスムーズですが、そうでなければ、諸々頓挫する羽目になる可能性が高いと考えます。

清掃業者選びの失敗事例

病院内の掃除を清掃業者にお願いすることで、スタッフは本来行うべき業務に集中できます。内外、きれいな病棟を維持しつつ、従業員の作業効率も図れることは、まさに一石二鳥です。その確かなメリット、生かさないわけにはいきません。
しかし、再三お伝えしている通り、業者選びによっては落とし穴があるのも事実。用心せずにおまかせしたせいで、失敗を招いてしまったケースは決して少なくないのです。
いくつか典型的なパターンをご紹介します。

業者が病院という環境を理解していないケース

繰り返しますが、病院に特化した清掃業者でなければトラブルに発展する恐れがあります。感染防止、ウイルスの徹底除去といった目配り、心配りまで必要です。それらが欠けていたせいで菌は蔓延し、血液感染など大きな事故につながることもあります。

病院は、具合の悪い人たちが多い特殊な環境です。
「専用のクリーナーを所持していない」「どの建物でもやり方が同じ」「優先順位を心得ていない」……等々は、病院清掃においてはもはや不備・過失と捉えてもいいでしょう。

経験の浅い担当者がついてしまったケース

経験の浅いアルバイト社員が担当になったとある事例です。
その方は清掃会社の派遣スタッフとして招かれたものの、まるで要領を得ず、業務自体たどたどしく進めている様子がいかにも頼りなかったといいます。そして、周囲の不安は的中。階段で足を滑らせ転落し、全治数ヶ月のケガを負ってしまいます。

行き交う人の数が多い病院だと、なおさら経験が必要です。
いいかげんな清掃業者は誰彼構わず担当者を送り込む傾向にあるため、気を付けましょう。

それにしても、その不慣れな業者の方は、徹頭徹尾、気の毒だったように思います。

コミュニケーションがうまく図れず揉めたケース

清掃員とうまく対話できない場合、サービスの良し悪しにかかわらずストレスを抱えたままその業者と付き合っていくことになります。

某病院の例。
(病院)専門の清掃業者をみつけたところまでは良かったのですが、いざ清掃をお願いしてみると「意図が伝わらない」「そもそも連絡が取れない」といったコミュニケーション面での問題に頭を悩ますことになります。結果、早々に契約を打ち切ったそうです。

また、いつも挨拶無しの方、常に無愛想な方が常駐するのも決して気持ちのいいものではありません。
そうした日々の不快感が蓄積されれば、何気ないミスやちょっとした意見のくい違いだけでも、その後の取引の問題にまで発展する可能性は十分考えられます。

病院向けの清掃業者を選ぶコツ

選定の重要性を知ったからといって、適切な清掃業者と出会えるとは限りません。
やはり、コツが要ります。以下挙げるポイントはまさに勘どころ。
前項までに述べてきた注意点や失敗事例からも学びつつ、しっかり意識しましょう。

清掃用具や方法をチェック!

病院内では、嘔吐・脱糞等の汚物に対して緊急処置を行う場面が多々あります。当然、感染が起きないよう、スピーディに応じなければなりません。
そうなると、どこにでもある市販の清掃用具では対処しきれないでしょう。
病院専用の抗菌ワックスや除菌力の強い特殊洗剤を用意できるか、あらかじめチェックすることが必須です。
方法においても、エリアごとにモップを使い分けるといった繊細な工夫がなされているかどうかを、事前に聞くようにしてみてください。

菌の広がり、病気の感染リスクに対して、どこまで意識的に取り組んでいるかは、病院での清掃業者を選ぶ際の非常に有効な判断材料です。

資格はスキルを示す一つのバロメーター

資格を保有する方々が揃う業者は、少なからず意識が高い集団と思われます。何より、一定以上のスキルを持った証を確認できるため、安心です。

具体的には、国家資格である「ビルクリーニング技能士」「建築物環境衛生管理技術者」「清掃作業監督者」辺りを持っていると、信頼に足り得るといえます。
が、さらに必要なのは、病院についての知見の度合いです。
それゆえ、病院内における衛生的環境の確保、廃棄物の処理及び清掃、感染予防、関連法規……等々、病院の衛生と清掃に関する知識を有していることを証明する資格、そう、「病院清掃受託責任者」の保有の有無をチェックするようにしてください。

損失に対する補償

清掃業者が損害賠償責任保険に加入している場合、事故や損失トラブルを補償でまかなえる可能性が高まります。各会社で基準額など異なるため、事前にチェックしておくといいでしょう。できる限りケアしてもらえる清掃業者が安心でおすすめです。

病院向け清掃業者は、ポイントを整理して比較しよう!

さて、拙稿にて述懐してきた通り、病院の清掃業者を選定するにはあらゆる観点と慎重さが必要です。そのため、会社選びに難航することもあるでしょう。
とはいえ、比較するポイントをきちんと整理し、優先順位まで付けてあげることで、最適な業者はクリアになってくるはずです。

まず、もっとも重視したいのは、病院向けの業者であること(知見を有すること)。ピックアップした業者を天秤にかける際には、それぞれの実績をくまなく確認することも推奨します。
そして、見積書はじめ、やりとりの一部始終のなかでうかがえる丁寧さ、誠実さも大事です。
そのほか、ストレスのない連携フロー、要望をうまく汲み取ってくれるコミュニケーションスキルに愛想の良さ、信頼できる資格や教育体制、万が一に備えてくれるリスクケア……。
各項目にスコアを与え、業者とともにリスト化しチェックを行うなかで、良縁のパートナーが自然と抽出されることになるでしょう。

清掃業者は重要です。選び方一つで大きく変わります。
ぜひ、ポイントをしっかりおさえたうえで、依頼するようにしてください。